検索種別

会社案内

  • TOP
  • 会社案内

代表挨拶

代表挨拶

昭和56年1月に誕生しました当社も、恵まれた風土と厚い人情にはぐくまれ、今日を迎えることができまして幸福を泌々と味わっております。

顧みますれば創業以来わが国の経済情勢の変化に伴い企業と致しましても迂余曲折の道はすこぶる多事多端でございましたが今日ありますのは、全社員のたゆまざる努力と社外の方々の心からなるご支援の賜と深く感謝いたしております。私は企業とそこに働く従業員とは一体のものであり、共に豊かになるべきだとの信念のもとに健康で、かつ旺盛な企業として精一杯の努力をいたし、できる限り思想のある事業として育てたいと念願いたしております。

経済社会全般にわたり年々環境変化に加速度が加わり、日に日に新しい問題を提起しております。私達はこのように変貌する未来社会に向かって、より固い団結心と強い向上心をもって進む所存でございます。何とぞより一層のご理解をいただき倍旧のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

代表取締役会長 小谷 功
代表取締役社長 小谷 研太朗
                                                       


会社概要

組織名
マックエンジニアリング株式会社
電話番号
086-522-5276
FAX番号
086-522-0552
所在地
本社
〒713-8103
岡山県倉敷市玉島乙島8252-35
フローリアクター開発センター
〒719-0252
岡山県浅口市鴨方町六条院中(字中田尻)1353
TEL:0865-54-0311 / FAX:0865-54-0322
設立
昭和56年1月17日
資本金
2,600万円
代表者
代表取締役会長 小谷 功
代表取締役社長 小谷 研太朗
事業内容
・金型部品
・治具
・工作機械
・各種産業部品
加工内容
・多工程に及ぶ複雑形状加工
・同時三軸、四軸形状加工
・微細加工
・ワイヤーカット放電加工
・NC放電加工
・マシニング加工
・複合旋盤加工
関連会社・協力企業・取引先
・住友重機械工業株式会社
・モリマシナリー株式会社
・アイファクトリー
・岡山マイクロリアクターネット 他

社名の由来

社名の由来

MAKエンジニアリングのMAKという名前は機械加工の3つのキーワードの頭文字から構成されています。

1つ目は機械加工(Machining)のM、2つ目は組み立てという意味でアセンブリー(Assembly)のA、3つ目がノウハウ(Knowhow)のKです。そして工学や技術を意味するエンジニアリング(Engineering)とMAKを合体させました。

それぞれの頭文字を縦方向に上から下に読んでみるとMAKE、すなわち“作る”を意味しています。機械加工や組み立てのノウハウを利用し技術を生み出す、モノづくりをするという意味が込められています。


産学官ネットワーク